「上張りフローリング」は、こんな優位性があります。

  • フローリングコストが安い

    「上張りフローリング」は低コスト。
    一般相場の1/3で導入できる価格帯。

  • LL45等級(防音床)・床暖房
    クッションフロアなどに対応

    既存のフローリングを解体せず、
    上から新しい床材を重ねるレイヤー工法。

  • 木質床材バリエーションが
    16種類

    「上張りフローリング」は
    市販されていない商材です。
    これも差別化しやすいポイント。

  • 短工期でメンテナンスに優れる

    作業時間は1ROOMなら1日程度。
    部分張替などにも対応するためメン
    テナンス性にも優れています。

原状回復費用を大幅削減!

賃貸住宅において、オーナーである貸主の方が気になることの一つに原状回復費用があります。フローリング・壁紙クロス、穴・傷の補修、設備交換など、自然に経年劣化した項目については新しい入居者を迎えるためにどれも見直す必要があります。

その問題解決として【上張りフローリング】がオススメ!
【上張りフローリング】は床に限定されますが、床をリフォームすることで入居者の入居率は大きく変わります。

  • 家は木質系のフローリングにこだわらないと…
  • LL45等級に対応しているの?…
  • コストを安く抑えられる下請け業者はないの?…

トータルコストのイメージ

どんな床にも貼れる特殊床材で「キレイ+早い+低価格」のフローリング新調を実現!

主な上貼り床材比較

メーカー 製品名 床材の厚み 色柄 製品価格 防音床 床暖房 CF その他
ナオスフローリング 3.0mm厚 16種類 ¥7,800/㎡~
施工費用込み
無垢材 ○
タイル床 ○
ワンパーク
フロアスリムⅡ
4.0mm厚 4種類 ¥7,230/㎡ 戸建て可  
サーモプラス 3.5mm厚 5種類 ¥12,180/㎡ 戸建て可
WATリフォーム
フロア
6.0mm厚 4種類 ¥9,182/㎡  
リフォームフロアA 6.0mm厚 5種類 ¥8,848/㎡
WPBリフォーム
フロアA
1.5mm厚 8種類 ¥5,151/㎡ 戸建て可 両面テープ施工
ヴィノイエ 
リフォームフロア
3.5mm厚 7種類 ¥7,244/㎡  
ライブナチュラル
スーパー6
6.4mm厚 6種類 ¥9,850/㎡ 専用床暖房放熱マットと組合せで床暖房可
エアリス-α
スーパー6
6.3mm厚 8種類 ¥7,880/㎡
アトムフラット 6.0mm厚 4種類 ¥4,440/㎡ この製品は上貼り専用ではありません。
  • 2020年2月時点で公開されている情報です。
  • 製品価格は1㎡当りの単価です。工事費は含まれていません。(リフローリングのみ施工費込み)
  • リフォーム用上貼り床材として販売されている製品です。
  • 施工不可の製品は、経年劣化で床暖房の熱で剥がる、不陸な床で浮く、表面の木目シートが剥がれるなどの理由から施工不可と判断しております。
  • 上貼りできる基準は「防音フローリング(LL45等級)、床暖房フローリング、通常フローリング、板の間(化粧合板)、フロアタイル、Pタイル、クッションフロア(CF)、大理石、その他石材」などは全て可能です。